ホーム > ブログトップ > 報告 > 小城高等学校創立120周年記念式典が挙行されました

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<前月 2019年11月 次月>

新着記事

コメント

カテゴリー

月別記事

リンク

プロフィール

その他

 前の記事>>

小城高等学校創立120周年記念式典が挙行されました

 晴天で迎えた10月26日(土)10時から小城高等学校体育館において、全校生徒・教職員、佐賀県教育長、小城市長、多久市長、地元佐賀県議会議員、小城市教育長、佐賀県教育庁各課長、過去10年間の歴代校長、PTA会長・役員・教育振興会長、黄城会副会長・各支部長・本部役員、県内各県立学校長、関係中学校長、旧職員など約800人が一堂に会して、小城高等学校創立120周年記念式典が盛大に挙行されました。

 式典に先立ち、小城高生や卒業生などの関係者が出演している、小城市映画製作実行委員会制作の小城を舞台にした歴史ドキュメンタリー映画「天山(やま)の如く この男正直なり」のダイジェスト版が上映され、出演者のビデオレター紹介や田中正照監督から映画の説明がありました。

 記念式典は、碇 剛教頭の開式のことばで始まり、国歌斉唱、物故者追悼。続いて、永田彰浩校長の式辞と進みました。
 来賓の挨拶は、落合裕二佐賀県教育長、池田 淳PTA会長、七田義孝黄城会副会長が祝辞を述べられました。
 生徒会長の土師想菜(はじ ここな)さんが生徒代表の挨拶を行いました。
 祝電披露、来賓紹介に続いて、旧制小城中学校と旧制小城高等女学校の校歌を合唱部が歌い、生徒・職員及び来賓で校歌を斉唱して閉式となりました。

 黄城会からは、黄城会総会で承認していただいた予算に基づき、創立120周年を記念して演台、花台、司会者台を贈りました。

 式典終了後、会場を佐賀市のグランデはがくれに移して祝賀会が行われました。
 碇教頭の開会の挨拶で始まり、江里口秀次小城市長の祝辞のあと、第26代新谷博幸校長・第27代内野安成校長・第28代坂本武敏校長・第29代藤井伸幸校長の歴代校長に永田彰浩校長から感謝状と記念品が贈呈されました。
 開宴に先立って、野方嘉孝教育振興会長が代表を務める「大和太鼓」の皆さんによる、力強く賑やかな祝奏がありました。
 池田 淳PTA会長の乾杯の音頭で開宴し、宴もたけなわになったところで、黄城会校内代表幹事の桃﨑敏幸先生のリードで校歌を斉唱。井手真喜子黄城会副会長の音頭で万歳三唱を行って閉会となりました。





| 報告 | 11:02 AM | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://ojyokai.org/blog/tb.php/231

トラックバック